話し合いを設ける

ここまでの段階にきたら二人でゆっくり話し合う時間を設けましょう。話し合いを設けることでお互いの本音が解り、今後の二人の関係にも大きく左右します。浮気を発見してしまった時こそ、喧嘩せずゆっくり会話をしてみて下さい。

話し合い外出だと本音で話せないかもしれないので、自宅で誰も居ない状態から始めます。まず最初は浮気をしったキッカケや、知っている証拠(出来れば写真やボイスなど形に残るもの)を提出し「どんなキッカケで浮気したか」「相手との未来をどう思っているのか」等をしっかり整理しておきます。ここで注意したいのは相手に対する口調です。何故なら相手が100%悪くてもどんなにムカついても、暴言や暴力は相手の反省心を大きく逆上させてしまうからです。反省に繋がるどころか「私(俺)は悪くない」という結果に導き兼ねないので、二人の関係を修復したいのであれば冷静な対処を常に心掛けましょう

誰にでも間違いを起こすこともあれば、失敗することもあります。しかし、パートナーに「愛している、やり直させて欲しい」という意志があれば、お互いに支え合える心で修復可能なのです。出会ったのも運命、ハプニングも絆を深める良い機会と捉え、二人の未来を話し合ってみて下さい。


関連記事