今後の接し方

最後に気をつけて欲しいことは「相手への今後の接し方」です。人間というのは正直なもので、相手への不信感や嫌悪感を抱くと自然と他人行儀になり、相手への尊重心に欠けてしまうことがあります。これでは折角話し合って修復した二人の仲も水の泡になってしまうので、正しい相手への接し方を知っておきましょう

スキンシップ本能的に相手に他人行儀になる原因は、心の奥に「私を裏切った」「また裏切るかも」という傷があるからです。確かに心の傷ばかりは癒えるのに時間が掛かりますし、自分の意志だけはどうする事も出来ない事もあります。しかし、いつまでも引きずってしまうのは相手の心までもへし折ってしまい、二人の関係が徐々に冷めてしまう原因に繋がるのです。

正しい接し方のヒントは「スキンシップ」や「意思確認」を増やすことが大事です。スキンシップとは手を繋いだりハグをしたりキスをすること、そして意思確認は「私を好き?」「私を愛している?」と相手に確認することです。スキンシップは精神的な落ち着きを取り戻すために効果がありますし、相手に意思確認することは不信感を拭う効果が期待出来ます。「今更恥ずかしい」とは言わずに、スキンシップや会話を成り立たせ、いつまでも幸せな二人になっていきましょう。


関連記事

話し合いを設ける

ここまでの段階にきたら二人でゆっくり話し合う時間を設けましょう。話し合いを設けることでお互いの本音が解り、今後の二人の関係にも大きく左右します。浮気を発見してしまった時こそ、喧嘩せずゆっくり会話をしてみて下さい。

話し合い外出だと本音で話せないかもしれないので、自宅で誰も居ない状態から始めます。まず最初は浮気をしったキッカケや、知っている証拠(出来れば写真やボイスなど形に残るもの)を提出し「どんなキッカケで浮気したか」「相手との未来をどう思っているのか」等をしっかり整理しておきます。ここで注意したいのは相手に対する口調です。何故なら相手が100%悪くてもどんなにムカついても、暴言や暴力は相手の反省心を大きく逆上させてしまうからです。反省に繋がるどころか「私(俺)は悪くない」という結果に導き兼ねないので、二人の関係を修復したいのであれば冷静な対処を常に心掛けましょう

誰にでも間違いを起こすこともあれば、失敗することもあります。しかし、パートナーに「愛している、やり直させて欲しい」という意志があれば、お互いに支え合える心で修復可能なのです。出会ったのも運命、ハプニングも絆を深める良い機会と捉え、二人の未来を話し合ってみて下さい。


関連記事

上手に許すメリット

浮気したのは彼(彼女)なのに、どうしてこちらが引き下がらないといけないの?と思う方も多いのでは。今にも罵声を浴びさせてしまいたい気持ちも充分解るのですが、それでは円満な仲直りには辿り着かないデメリットがあります。ここでは恋愛マスターになるために「上手に許すメリット」を紹介しましょう。

カップル相手を頭ごなしに怒ってはいけない理由は「考えさせる時間が無くなる」「自分の印象が悪くなる」「信頼関係が崩れる」という部分にあります。悪いことをしていると認識していても、理不尽に怒鳴られたら反感を持ってしまうし、言葉ない一言があなたの素敵な印象を崩し復縁を途切れさせる原因にもなるのです。怒りをグッとこらえるのは確かに至難の業。

ただ、冷静に対処して後悔する結果になる事は極めて少ないので、皆さんの堪忍袋の紐を少し緩めて話し合いに臨んでみて下さい。そうすると「復縁出来る可能性が上がる」「相手が自分を見直してくれるいい機会になる」「お互いの心理を知れる」等の仲良くなれるメリットが多くなるでしょう。

全てのカップルや夫婦が上手くいくとは限らないですが、頭ごなしに怒るよりは成功する確率が高いです。今まで話し合いを設けてこなかったという方も、心の奥から本心を話す機会が無かったという方も、この機会に二人でゆっくり話あってみましょう。前より素敵なカップルになれたり、相手の意外な一面に出会えるいい時間になることを心から願っています。


関連記事

浮気を許す決心

パートナーの浮気を許すかどうか迷っている…という皆さんに質問します。本当に心から許せる自信ありますか?少しずつ立ち直る自信はありますか?正直、今すぐ「うん」と答えられる人なんて多くはないと思います。しかし、一度の過ちで大好きなパートナーを失うのも勿体無い…と思う方は「浮気を許す大きな心」を身に付ける努力から始めてみましょう。ここでは浮気を上手に許しパートナーとの復縁を目指す「恋愛マスター」になれる方法をアドバイスします。

浮気「浮気」とは結婚している、いない関係無しにパートナーが居る男女が、パートナー以外の異性と親しい間柄になることを指します。不倫ほど内容は断定されてないですが「メールをしていた」「隠れて会っていた」などの裏切り行為の証拠は、慰謝料請求等の対象になる程心に大きなキズを抱える行為です。どんなに愛し合って信頼しあっているパートナーでも「魔が差して」「ちょっとした気の迷いで」「お酒に酔った勢いで」という一時期の気の乱れで失敗してしまうことがあるという覚悟を持って話し合いをしてみましょう。
案外割りきって話合って見ると、お互いの見えていなかった部分を発見出来たり、お互いの愛の深さを感じ取れる良い機会になるのです。

出会った頃のパートナーを思い浮かべて「やっぱり一緒に居たい」そう思った方は恋愛マスターになれる素質のある方かもしれません。二人の未来を変えるため、恋愛の大切さを学ぶという意味でもお勧めなので、気になる方は実践してみて下さい。


関連記事